西日本で注目されている地域科学研究所

Uターン就職で注意するポイント

地元にUターンして就職したいと思う人も多いですが、企業情報が分からず応募して良いかどうか迷うこともあります。
ネットの求人情報や企業のホームページを確認しても、実情までは分からないため、いわゆるブラック企業でないかどうか不安に感じることもあるでしょう。

公共機関であるハローワークで求人を募集している企業でも、ブラックであることもあるので、できれば応募前に会社の内情などを調べたいと思うものです。
地元に住んでいるなら企業情報なども入手しやすいですが、遠く離れ暮らしていると地元の情報まで手に入れることは難しいこともあります。

優良企業かどうかを確かめるには、学生が就職を希望している企業かどうかを確認すればよいでしょう。
地域ごとにアンケートを実施し、その地域で学生から人気度が高い企業が発表されていますので、そうしたデータを元に就職先を探してみるのも良いでしょう。

また、せっかく地元で就職するなら、地元でずっと働ける環境の職場を望む人も多いのではないでしょうか。
地元で働くにしても、できれば大手企業や有名企業に就職したいと思う人も多いですが、大手企業の場合、支店や営業所などが全国にあるため、転勤になる可能性が高まります。
出世の見込みがある人ほど転勤回数が増えるともされていますので、地元で腰を下ろして仕事をしたいと思う人は、大手企業は避けておいたほうが無難でしょう。

西日本地域で人気の企業

西日本で学生から人気のある企業が、大分県にある株式会社地域科学研究所です。西日本新聞が実施した、学生から就職希望先として人気のある企業の上位にランキングされており、今後の将来も期待されている会社です。

システム開発や運用をとおして地域の社会づくりをサポートしている会社で、地域の活性化に役立てることで学生からも注目されているようです。

不動産鑑定事務所として創業している会社なので固定資産評価に定評があり、自治体の固定資産評価の支援を長年行っています。自社で開発している地理情報システムを活用し、自治体の大事な財源となる固定資産税評価を行い、職員の業務負担を軽減し、公正で適正な課税を行えるようサポートしています。

地域科学研究所は自治体の財務サポートだけでなく、地域の人口減少や高齢化問題も取り組んでいます。地域をブランディング化することで活性化させ、移住者や観光客を増やし、財源確保できるようアドバイスを行います。
短期的な計画策ではなく、中長期なビジョンを描き地域が長期的に活性化できるよう、自治体と住民との対話を大切に活かし、地域ブランド戦略に取り組んでいるのだそうです。

カテゴリー: 未分類