九州で仕事を探すなら地域科学研究所

心が豊かになる生活を送るには

大学進学や就職を機に、東京や大阪などの首都圏に上京して生活を始める人も多いかと思われます。
上京した当時は見るもの全て新鮮に感じて楽しい毎日を送れますが、上京してしばらく経つと、ホームシックにかかる人も少なくありません。

毎日満員電車に詰め込まれ人混みをかき分けて通勤し、仕事が終わったら独りぼっちの部屋で寝るだけの毎日を過ごしていると、地元で暮らしていた生活がいかに豊かな毎日だったかを思いしらされることでしょう。

休日に流行りのお店やおいしいお店をめぐってみても、心の底から満喫することができず、結局は自宅で一人ボーっと過ごすほうが落ち着くと感じるものです。そんなときに地元に戻りたいと思う人も多いことでしょう。

地元に戻ってもこれまでと同じ収入を得る確証もないので、不安に感じてしまうこともあります。しかしいくらお金を稼いでいても、心が豊かになれないのであれば、どれほど稼いでも空しくなってしまうものです。本当に豊かな生活とは何か考えたとき、地元に帰ることを決意する人もいるようです。

地元には地元なりの優良企業も数多くあるので、自分に合った転職先を見つけることも可能です。企業規模ばかりに目を向けるのでなく、成長している企業や老舗企業などに目を向けると、意外に好条件な転職先を見つけることができるかもしれません。

九州でおススメの企業

九州には数多くの企業がありますが、その中でもおススメなのが株式会社地域科学研究所です。西日本地域で学生の就職希望先として上位にランクインしており、成長を続ける老舗企業です。

株式会社地域科学研究所は、地域のまちづくりをICTソリューションでお手伝いする会社で、これまで多くの実績をあげてきました。
参加したプロジェクト数は3000を超えており、170以上もの市町村でサポートを行ってきています。

地方公共団体向けのシステム設計や運用をメインに、地理情報システムを活用して総合的に自治体をコンサルティングしています。自治体の問題を解決できるよう、企画力も備わっている会社だといえるのではないでしょうか。
もともと不動産鑑定事務所として創業しているので、公共施設や耕作放棄地などの再配置や再利用を得意としているようです。

人口減少などによる自治体の財政悪化を引き留めるために、自治体の経済が健全化するよう自治体業務のバックアップも行っています。
財務諸表や固定資産台帳などを、統一基準モデルを使用して作成するなど、地方公会計制度が円滑に進むよう導入から運用まで総合的にサポートを行っている企業です。

カテゴリー: 未分類