空き家問題を解決したいなら地域科学研究所へ相談を

年々増加し続ける空き家

高齢化によって増え続ける空き家は、各自治体を大きく悩ませる問題の一つとなっています。所有者が高齢化することで自宅での生活が困難になった場合、施設などに入所してしまうので空き家になったままの状態が続きます。

相続して自宅に住む人がいれば問題ありませんが、子どもや家族が遠方に住んでいるため、家を管理することができず放置しているケースも多いようです。

近年は地方から首都圏に上京し進学・就職する学生が多く、そのまま首都圏に住み着いてしまうことがほとんどです。そのため、親が住んでいた自宅を管理できず、空き家になってしまう住宅が増えています。

自宅が空き家になっていることを気にする子どもは多いですが、自分の住居から遠く離れていると管理もままならず、結果的に放置して空き家になってしまうことも少なくありません。
また、親との関係性が良好でない場合、空き家になっていることをしった上で、あえて放置しているケースもあるようです。

空き家を賃貸に出して活用することも考えられますが、古いままでは借り手がおらず、リフォームやリノベーションを施さなくてはならないため、改修資金が必要となります。
都心部でサラリーマンをしている子どもにとって、多額の改修資金を用立てることは難しく、どのように対策すれば良いか悩んでいる子どもも多いようです。

空き家が増えると地域の景観や安全を損なう恐れがあるため、空き家問題に積極的に取り組んでいる自治体も少なくありません。

自治体に必要とされるのは空き家の管理能力

空き家問題は各自治体とも解消すべく取り組みを行っていますが、自治体だけで問題を解消するのは難しい一面もあります。
空き家を放置したままにしておくと、老朽化による空き家の崩壊も考えられるため、近隣住民に被害を与えないよう、空き家情報を管理する力が必要になります。

九州に拠点を置く地域科学研究所は、空き家問題をはじめとする地域の問題を解決できるシステム作りを行っており、西日本地域で多くの実績をあげています。
同社は公共施設管理システムや地理情報システムなどの地域の課題を解決できるソリューションを提供しており、自治体が抱えている空き家問題を解消するお手伝いを行っている企業です。

地域科学研究所のインスタグラムで活動をチェック!

自治体では空き家だけでなく、ライフラインや農地、災害危険エリアなど複数の地理情報を管理することが重要とされており、住民が安全に暮らせるよう地理情報を整備することが必要です。
地域科学研究所は自治体の抱える悩みをサポートできるよう、地理情報システムをはじめ、さまざまなソリューションを提案しているのだそうです。

カテゴリー: 未分類