空き家問題を解決したいなら地域科学研究所へ相談を

年々増加し続ける空き家

高齢化によって増え続ける空き家は、各自治体を大きく悩ませる問題の一つとなっています。所有者が高齢化することで自宅での生活が困難になった場合、施設などに入所してしまうので空き家になったままの状態が続きます。

相続して自宅に住む人がいれば問題ありませんが、子どもや家族が遠方に住んでいるため、家を管理することができず放置しているケースも多いようです。

近年は地方から首都圏に上京し進学・就職する学生が多く、そのまま首都圏に住み着いてしまうことがほとんどです。そのため、親が住んでいた自宅を管理できず、空き家になってしまう住宅が増えています。

自宅が空き家になっていることを気にする子どもは多いですが、自分の住居から遠く離れていると管理もままならず、結果的に放置して空き家になってしまうことも少なくありません。
また、親との関係性が良好でない場合、空き家になっていることをしった上で、あえて放置しているケースもあるようです。

空き家を賃貸に出して活用することも考えられますが、古いままでは借り手がおらず、リフォームやリノベーションを施さなくてはならないため、改修資金が必要となります。
都心部でサラリーマンをしている子どもにとって、多額の改修資金を用立てることは難しく、どのように対策すれば良いか悩んでいる子どもも多いようです。

空き家が増えると地域の景観や安全を損なう恐れがあるため、空き家問題に積極的に取り組んでいる自治体も少なくありません。

自治体に必要とされるのは空き家の管理能力

空き家問題は各自治体とも解消すべく取り組みを行っていますが、自治体だけで問題を解消するのは難しい一面もあります。
空き家を放置したままにしておくと、老朽化による空き家の崩壊も考えられるため、近隣住民に被害を与えないよう、空き家情報を管理する力が必要になります。

九州に拠点を置く地域科学研究所は、空き家問題をはじめとする地域の問題を解決できるシステム作りを行っており、西日本地域で多くの実績をあげています。
同社は公共施設管理システムや地理情報システムなどの地域の課題を解決できるソリューションを提供しており、自治体が抱えている空き家問題を解消するお手伝いを行っている企業です。

地域科学研究所のインスタグラムで活動をチェック!

自治体では空き家だけでなく、ライフラインや農地、災害危険エリアなど複数の地理情報を管理することが重要とされており、住民が安全に暮らせるよう地理情報を整備することが必要です。
地域科学研究所は自治体の抱える悩みをサポートできるよう、地理情報システムをはじめ、さまざまなソリューションを提案しているのだそうです。

カテゴリー: 未分類

九州で仕事を探すなら地域科学研究所

心が豊かになる生活を送るには

大学進学や就職を機に、東京や大阪などの首都圏に上京して生活を始める人も多いかと思われます。
上京した当時は見るもの全て新鮮に感じて楽しい毎日を送れますが、上京してしばらく経つと、ホームシックにかかる人も少なくありません。

毎日満員電車に詰め込まれ人混みをかき分けて通勤し、仕事が終わったら独りぼっちの部屋で寝るだけの毎日を過ごしていると、地元で暮らしていた生活がいかに豊かな毎日だったかを思いしらされることでしょう。

休日に流行りのお店やおいしいお店をめぐってみても、心の底から満喫することができず、結局は自宅で一人ボーっと過ごすほうが落ち着くと感じるものです。そんなときに地元に戻りたいと思う人も多いことでしょう。

地元に戻ってもこれまでと同じ収入を得る確証もないので、不安に感じてしまうこともあります。しかしいくらお金を稼いでいても、心が豊かになれないのであれば、どれほど稼いでも空しくなってしまうものです。本当に豊かな生活とは何か考えたとき、地元に帰ることを決意する人もいるようです。

地元には地元なりの優良企業も数多くあるので、自分に合った転職先を見つけることも可能です。企業規模ばかりに目を向けるのでなく、成長している企業や老舗企業などに目を向けると、意外に好条件な転職先を見つけることができるかもしれません。

九州でおススメの企業

九州には数多くの企業がありますが、その中でもおススメなのが株式会社地域科学研究所です。西日本地域で学生の就職希望先として上位にランクインしており、成長を続ける老舗企業です。

株式会社地域科学研究所は、地域のまちづくりをICTソリューションでお手伝いする会社で、これまで多くの実績をあげてきました。
参加したプロジェクト数は3000を超えており、170以上もの市町村でサポートを行ってきています。

地方公共団体向けのシステム設計や運用をメインに、地理情報システムを活用して総合的に自治体をコンサルティングしています。自治体の問題を解決できるよう、企画力も備わっている会社だといえるのではないでしょうか。
もともと不動産鑑定事務所として創業しているので、公共施設や耕作放棄地などの再配置や再利用を得意としているようです。

人口減少などによる自治体の財政悪化を引き留めるために、自治体の経済が健全化するよう自治体業務のバックアップも行っています。
財務諸表や固定資産台帳などを、統一基準モデルを使用して作成するなど、地方公会計制度が円滑に進むよう導入から運用まで総合的にサポートを行っている企業です。

カテゴリー: 未分類

西日本で注目されている地域科学研究所

Uターン就職で注意するポイント

地元にUターンして就職したいと思う人も多いですが、企業情報が分からず応募して良いかどうか迷うこともあります。
ネットの求人情報や企業のホームページを確認しても、実情までは分からないため、いわゆるブラック企業でないかどうか不安に感じることもあるでしょう。

公共機関であるハローワークで求人を募集している企業でも、ブラックであることもあるので、できれば応募前に会社の内情などを調べたいと思うものです。
地元に住んでいるなら企業情報なども入手しやすいですが、遠く離れ暮らしていると地元の情報まで手に入れることは難しいこともあります。

優良企業かどうかを確かめるには、学生が就職を希望している企業かどうかを確認すればよいでしょう。
地域ごとにアンケートを実施し、その地域で学生から人気度が高い企業が発表されていますので、そうしたデータを元に就職先を探してみるのも良いでしょう。

また、せっかく地元で就職するなら、地元でずっと働ける環境の職場を望む人も多いのではないでしょうか。
地元で働くにしても、できれば大手企業や有名企業に就職したいと思う人も多いですが、大手企業の場合、支店や営業所などが全国にあるため、転勤になる可能性が高まります。
出世の見込みがある人ほど転勤回数が増えるともされていますので、地元で腰を下ろして仕事をしたいと思う人は、大手企業は避けておいたほうが無難でしょう。

西日本地域で人気の企業

西日本で学生から人気のある企業が、大分県にある株式会社地域科学研究所です。西日本新聞が実施した、学生から就職希望先として人気のある企業の上位にランキングされており、今後の将来も期待されている会社です。

システム開発や運用をとおして地域の社会づくりをサポートしている会社で、地域の活性化に役立てることで学生からも注目されているようです。

不動産鑑定事務所として創業している会社なので固定資産評価に定評があり、自治体の固定資産評価の支援を長年行っています。自社で開発している地理情報システムを活用し、自治体の大事な財源となる固定資産税評価を行い、職員の業務負担を軽減し、公正で適正な課税を行えるようサポートしています。

地域科学研究所は自治体の財務サポートだけでなく、地域の人口減少や高齢化問題も取り組んでいます。地域をブランディング化することで活性化させ、移住者や観光客を増やし、財源確保できるようアドバイスを行います。
短期的な計画策ではなく、中長期なビジョンを描き地域が長期的に活性化できるよう、自治体と住民との対話を大切に活かし、地域ブランド戦略に取り組んでいるのだそうです。

カテゴリー: 未分類

地元採用を重視している地域科学研究所

地元で長く働きたいならここをチェック!

大学卒業後に地元へ戻って就職する人の多くは、地元で暮らすことを望んでUターン就職をしたのではないでしょうか。
しかし、就職先によっては転勤を命じられることもあり、せっかく地元に戻れたのに他の地域や都心部で働かなくてはいけない場合もあります。

地元での生活を望んでいる人の場合、就職前に転勤があるかどうかをチェックしておいたほうが良いでしょう。大手企業や支店が数多くある企業の場合、転勤を余儀なくされることも考えられます。

最近では大手企業でも転勤のない地元採用をすることも増えてきましたが、その場合は他の社員と比べ給与水準が下がることもありますので、事前にしっかりチェックしておいたほうが良いでしょう。

また、入社当初は営業所や支店がなかったのに、入社後に業績が上がり新たに支店を出すことも考えられます。急成長している企業だと売上アップを目指し、支店や営業所を次々と増やす可能性も考えられます。

地元で長く働きたいと思うなら、目先の利益を求める会社より、地元で安定して事業を継続できるよう地道な努力を続けている会社に目を向けてみると良いかもしれません。

地元で働くことを重要視する会社

九州の大分県に拠点を置く株式会社地域科学研究所は、社員が求める希望勤務地を重要視してくれる地元密着型の企業なのだそうです。
研修期間が設けられているため、入社してから2年間は大分で研修を受けることになるようですが、研修後に社員の希望があれば、希望の地域に転勤することが可能とのこと。

拠点の場所に限りがありますので、必ず希望どおりの土地で勤務することはできませんが、なるべく希望の地域の近くに勤務できるよう、柔軟に対応してくれる会社だといえるでしょう。

地方に拠点を増やす場合、既存社員の希望を聞いて出張や転勤から始め、少しずつ地元採用を増やすようにしているため、徐々に地元出身の社員が増えていくことになります。

株式会社地域科学研究所は社員育成にも力を入れており、1人30万円の予算を社員に一人ずつ与えているのだそうです。本人の希望で研修やセミナーを受けることができるので、社員は常に新しい知識や技術を学ぶことが可能なのだといいます。

30万円の予算を超える研修であっても、研修内容次第では会社が許可を出してくれることもあるようなので、スキルアップを目指したい人にとっておススメの会社といえるでしょう。
会社が学んでほしいと思うことを押し付けるのではなく、本人が自主的に学びたいと思う環境を作れるよう意識しているそうです。

地元で暮らしていると仕事に慣れてしまい危機感が薄れてしまうこともありますので、仕事に刺激を求められるよう、こうした制度を設けているようです。

カテゴリー: 未分類

耕作放棄問題を解決してくれる地域科学研究所

耕作放棄地が増加することで受ける影響

日本の高齢化問題は社会全般の問題とされていますが、その影響は農業にまで及んでいます。農業も高齢化が進んでおり、後継者不足や耕作放棄地が問題になっています。

近年では農業を営む親の後を継がない子どもも多く、親が高齢化するとともに耕作が行われなくなり、そのまま耕作放棄地となってしまうケースが後を絶ちません。
耕作放棄地は過去1年以上作物を栽培しておらず、数年のうちに再度耕作する予定がない土地とされていますが、後継者がいない耕作地はそのまま荒れ果ててしまい、荒廃農地になってしまう可能性もあります。

日本の農地は年々減少傾向にあり、耕作放棄地も比例して増加傾向にあります。耕作放棄地が増加することで国内農業生産率が下がり、食料自給率もどんどん低下していきます。1965年には73パーセントだった日本の食料自給率は、現在40パーセント程度と低迷している状態です。

耕作放棄地をこのまま放置し続けるとさらに食料自給率は下がり、食料輸入に依存せざるを得ない状況となってしまいます。
また、耕作放棄地を放置していると雑草が生い茂り、害虫や害獣を呼び寄せてしまう原因になります。近隣の農地に迷惑をかけるだけでなく、景観を悪くしてしまいます。

また、農地は洪水などを防ぐ災害防止として機能していますので、耕作放棄地が増えることで災害被害がより増加することになります。
荒れ果てた耕作放棄地に廃棄物を不法投棄する人も出てくるため、景観の悪化だけでなく自然界に悪影響を与えることも考えられます。

地理情報システムで管理する耕作放棄地

西日本で地域のまちづくりをサポートしている株式会社地域科学研究所は、自社で開発した地理情報システムや公共施設の管理システムなどを活かし、自治体の耕作放棄地問題解決のお手伝いを行います。

農地の多い自治体では高齢者も多く、耕作放棄地も年々増加しています。離れた耕作放棄地を管理するのは職員だけの力では難しく、情報をシステム化して効率よく管理・運用することが必要です。

地域科学研究所は地理情報システム以外にも現地調査システムを開発しており、問題のある土地の写真撮影や調査結果入力、地図情報の確認などを行うことが可能です。
現地調査を効率化することが可能で、過去データと重ね合わせる機能も持ち合わせています。

庁内の地理情報システムとデータを同期することも可能なので、調査データを簡単に集約し管理することもできるようです。
また、公共空間にトラブルがあった場合、住民がすぐに報告できるスマートフォンアプリなども開発しているのだそうです。

カテゴリー: 未分類